横浜市都筑区の交通事故専門の行政書士が交通死亡事故の自賠責請求をサポート:誰が請求できるの

誰が被害者請求できるのか?


誰が請求できるの

交通事故の被害者が死亡した場合、加害者に損害賠償を請求することができるのは、被害者の相続人です。(ただし、両親が故人の相続人とならない場合でも、慰謝料については固有の慰謝料が認められています。)

そのため、まず損害賠償請求権を持っている人が誰かを確定する必要があります。

1:相続人の確定について

相続人を確定させるためには、被害者の戸籍を取り、そこから相続人確定作業を進めていきます。相続人確定作業を行なうには、被害者の出生児まで遡って調査することが必要となります。(この調査についても、当事務所にて可能です。)

2:相続人の種類と順位

配偶者がいる場合には、常に相続人となり、他の相続人とともに損害賠償請求権を相続することになります。

配偶者以外の相続人については、順番があります。

第1順位:子
相続人の中で第1順位は子です。
子がすでに死亡していて、子の子供(被害者の孫)がいれば、孫が第1位で相続人になります。
子や孫がいれば、親や兄弟姉妹は、相続人にはなりません。

第2順位:親など直系尊属
子がいない場合は、親など直系尊属が相続人になり、兄弟姉妹は、相続人になりません。

第3順位は、兄弟姉妹です。
子も直系尊属もいない場合は、兄弟姉妹が相続人になります。兄弟姉妹がその時点で死亡している場合は、兄弟姉妹の子(被害者のおい・めい)が同順位で相続人になります。

3:相続分について

被害者が生前に遺産の分割についての遺書を残している場合は別ですが、そうでない場合は、遺産分割をして、誰がいくらの損害賠償請求権を持っているのか確定しなければなりません。

遺産分割をする際の参考として、法律で決まっている法定相続分を説明しておきます。

・配偶者と子がいる場合は、配偶者が2分の1、子が2分の1
・配偶者と親が相続人であるときは、配偶者が3分の2、親が3分の1
・配偶者と兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者が4分の3,兄弟姉妹が4分の1

4:相続の確定と損害賠償請求

遺産分割をして、相続分を確定し、各自相続した割合に基づき、損害賠償請求することになります。

しかし、遺産分割について揉めていたのでは、いつまでたっても損害賠償請求ができないことになります。

他に相続財産があって全体の相続が確定しない場合は、とりあえず損害賠償請求権については、法定相続分にしたがって遺産分割協議を行い、各自の相続分に基づいて請求するか、遺産分割未了のまま請求することもできます。


交通事故専門の行政書士が無料でお答えします

Copyright (C)2012 行政書士サポートオフィス横浜 All rights reserved